オランダに住むこどもたちに
日本語で科学関連のワークショップを開催しています。

「科学」はけっして難しいことではありません。
毎日ふれるお水、吸う空気、食べるたべもの。
見ているテレビ、使っている携帯、乗っている電車。
私たちの周りのあらゆるものを、より良く知ることができるのが科学です。
科学という「めがね」を手に入れることで、世界のいろんなことを、もっともっと!おもしろく見ることができます。もっともっと!世界をより良くすることができます。
そんな科学の可能性を、たくさんのこどもたちに体験してほしいと思っています。

 

SciNeth(サイネス)では、オランダと日本を中心に、科学と教育に関する活動を行っています。
(オランダ商工会議所登録番号 KVK 69933758)

  • ワークショップ開発、開催
  • 情報収集、情報発信
  • 教材開発、紹介、販売
  • 科学情報の分析、コンサルティング(法人向け)

出張ワークショップや、コラム・記事執筆なども承っております。
お問い合わせは、お気軽にメールにてお願いいたします。

ワークショッププランナー/科学コミュニケーター
 福成 海央(ふくなり みお)
  
  福井県立大学海洋生物資源学研究科修了、修士(海洋生物資源学)。
  環境教育関連のミュージアムに勤務後、宇宙飛行士の毛利衛が館長を務める日本科学未来館で
  科学コミュニケーターとして活動。ASIMOなどの館内実演や、解説、各種イベントに携わる。
  退職後はフリーの科学コミュニケーターとして、記事執筆、研究者支援などの他、児童館や学童クラブで
  実験教室を開催。科学、自然環境を通じたワークショップのプランニング・実施を中心に活動中。
  2016年よりオランダ在住。3児の母。

  ・日本サイエンスコミュニケーション協会 会員
  ・潜水士、NAUIマスタースクーバダイバー
  ・プロジェクトワイルド エデュケーター http://www.projectwild.jp/
  ・プロジェクトウェット エデュケーター http://www.kasen.or.jp/wet/tabid121.html
  ・MARE リーダー http://www.marinelearning.org/mare/index.html

 

プログラミング/ロボット担当、科学情報コンサルタント
 福成 洋(ふくなり ひろし)
  
  東京大学工学部卒、東京大学新領域創成科学研究科修了、博士(科学)。
  東京大学生産技術研究所、三菱総合研究所を経て、エルゼビアへ。
 
  研究者時代の専門は計算生体力学(コンピュータ科学+流体力学+構造力学+医学)で、
  スーパーコンピューターを使って、心臓・脳血管の病気のメカニズムを研究。

  2012年よりエルゼビア・ジャパンに所属。研究戦略コンサルタントとして、日本・韓国のトップ大学を支援。
  教職員向け「実践Excelプログラミング講習会」も合わせて実施して実務をも支援するコンサルティング
  スタイルで人気を博し、スケジュールは常時3ヶ月以上埋まっていた。

  2016年にエルゼビア本社(アムステルダム)へ異動、世界的な研究論文プラットフォーム「ScienceDirect」
   をはじめ、多くのwebプラットフォームのデータ分析とコンサルティングを行っている。
  2017年よりSciNethを開催。科学情報分析・科学教育支援サービスを、オランダ・東京を中心に展開している。

   元・東京都港区のおもちゃドクター
   元・日本科学未来館ボランティア解説員
   日本ライフセービング協会 ライフセーバー (ベーシックサーフ)
     PADI レスキューダイバー