6月1日からミュージアム再開!(1)

オランダの規制緩和により、6月1日からミュージアムなどの文化施設の再開が認められました。
施設により細かいルールは異なりますが、共通している注意事項もあります。しばらくは外出も様子見の方が多いと思いますが、入場人数の制限をしている分、普段よりも空いている中で見学できるという利点もありそうですね。

息抜きにちょっと出かけたいなという時のために、一般的なルールと主要なミュージアムの情報をまとめてみました。みなさんの安全対策の判断基準、目安の参考になればと思います。

(1)ミュージアム再開全般に関する情報(本記事)
(2)科学館や主要なミュージアムの状況
(3)野外ミュージアムや、動物園、遊園地などの屋外施設の状況

オランダのミュージアム再開について(共通事項)

全般的な、来館者向け注意事項がミュージアムカードのサイトにまとめられています。
https://www.museumkaart.nl/veiligsamenuit  

要約すると・・・

1. 事前に電話またはオンラインでチケットの予約が必要です。

2. 入場指定時間の15分前までに到着してください。

3. 自分また家族に風邪症状がある場合は家にいてください。回復後24時間以降なら、来館できます。

4. 健康上のリスクグループに属する方は来館を控えてください。

5. 自分と最大もう1名が一緒に来館できます。(友達とグループで来ないように)

6. 家族や同居人など、同一世帯にいるグループは一緒に来館できます。

7. 決められた入場時間が指定された日付指定チケットが必要です。

8. なるべく公共交通機関を避けて、そして家の近くのエリアの施設に来館しましょう。

9. 支払いが必要な場面では、ピンカードなど非接触決済を利用してください。

10.現時点では、団体来館は許可されていません。

11.現時点では、館内の写真撮影・ビデオ撮影はできません。(※館内の滞留を防ぐためだそうです)

12.他の来館者とは、1.5m離れてください。

13.常に、十分な手洗いなどを心がけてください。

14.常に、館内の職員、ボランティアなどのスタッフの指示に従ってください。

 

なおミュージアムカードの有効期限は、休館中の日数分だけ自動的に延長されるということです。ただし、その分を延長せずに寄付金に回したり、逆に返金申請を行うことも可能です。

詳しくはこちらのフォームからどうぞ。https://www.museumkaart.nl/Geld-terugvragen

 

ミュージアムはどのようなことに気をつけて再開するの?

オランダ国内の多くのミュージアムは、RVIM(オランダ国立公衆衛生環境研究所)と、オランダミュージアム協会が定めたプロトコルに沿って、再開に向けた準備を進めています。

基本的には「密集しない」・「他の人との距離をとる」・「接触するところのこまめな清掃」を徹底する対策のようです。(日本では更に「密閉しない」という注意点がありますが、オランダではこれはあまり考慮されていないようです。)

そのため、
・人数制限や、滞在時間制限
・見学ルートや一方通行箇所の指定
・場内にハンドジェルの設置
・ロッカーや荷物預かりの中止
・ガイドツアーや各種イベントの中止

といった注意点が、施設ごとに新たなハウスルールとして公表されています。
一部、まだ発表されていないところもありますが、いくつか主要な施設について、次の記事でご紹介します。