第1回 ロボットワークショップ
「 ロボット体験 & ラジコンカーを分解・組立してみよう!

2017年12月10日(日)(終了しました)

・2018年1月13日(土) 13:00~15:30 (終了しました)

場所:SciNeth (Amstelveen, Brink)
自宅兼事務所のため、お申し込み後に場所の詳細をお知らせします。
 
対象:小学生・中学生
(工具類を使用するため、小学生1・2年生は保護者同伴が望ましいです)

内容:
ロボットの定義、仕組みなどを学んだあと、実際にいくつかの教材用ロボットで遊んでみます。
また機械の構造を知るため、おもちゃのラジコンカーを1人1台分解し、自分で組み立ててみましょう。
 
持ち物:なし
 
定員:各回4 

参加費:35
 € /人(スナック・ドリンク込み、ラジコンカーはお持ち帰りいただけます。)

ただし、SciNeth プログラミングワークショップ第一期の参加者は 30€/人 です。
ご家族の見学は無料です。

プログラム

1.ロボットを知ろう
ロボットと電気、ロボットの構成要素(入力・情報処理・出力)について紹介します。
各種センサー、アクチュエータを触ってみます。
(micro:bit 搭載の、光、気温、加速度センサーを実験します。)
(光、超音波、加速度、温湿度、ガス、など、raspberry pi 用の計16種類以上のセンサーを紹介します。ただしこれらの実験は行いません)

2.ロボットで遊ぼう
アームロボット、自動走行車、自動起立・歩行ロボット他、5~10種類の教育用ロボットを紹介します。実際に操縦してみましょう。

3.ラジコンカーを自分で分解&再組立してみよう。
機械の中身がどうなっているか、1人1台ラジコンカーを分解して見てみましょう。
また、再度組み立てて動かしてみます。
基本的な構造を知ることで、故障した時も自分で原因を考えたり、修理にチャレンジできるよう、元おもちゃドクターがコツを教えます。(参考サイト:たじみおもちゃ病院 )

講習内容(実例)
  1. ロボットで遊びながら
    1. ロボットとプログラミング
      センサー、プロセッサ、アクチュエータ
    2. ロボット 移動方法の違い(タイヤ、キャタピラ、歩行)
  2. 電気回路の基礎: 電池とモーター/LEDで遊んでみる
    1. 電池
      電圧と電流の関係
      多くの電池は1.5Vだが、充電池(ニッケル水素)は1.2V
    2. モーターの作動確認
      電池を正負で逆回転
    3. LED
      LEDを電池に接続するときは抵抗をはさむこと。
      電池の正負を逆にすると光らず
  3. ラジコンカーの分解
    (クイズ)ラジコンのモーターの数を予想
  1. ネジまわしの基本 7:3
    ネジまわしの基本 対角線締め付け
    マイナスドライバを使った分解(てこの要領)
    ネジの位置、数の確認方法
    ネジの保管方法
  2. ラジコン本体回路の確認
    電池ボックス
    スイッチ
    モーター
    LED
    基盤回路
    発振器
    電磁波、電波と光の関係
    ヘルツとは
    SI接頭語、G, M, K, -, desi, cent, m, micro
    アンテナの働き(実験)
  3. コントローラの分解
    レバーからスイッチへの変換
    スイッチの直押し(実験)
    再組み立て
  • おもちゃの修理について
    1. おもちゃの故障は、半分以上は電源が原因
      • 電池の電圧が足りない(消耗、正負の方向違い)
      • 接触不良
    2. 安いおもちゃはねじを「なめやすい」ので、ドライバーをしっかり押しながらまわすこと。

 

申し込み方法

下記をメールで scineth@gmail.com までお送りください。

① 参加者氏名(よみがな)
② 参加者誕生年月(誕生日は必要ありません。)
③ 保護者氏名
④ 保護者連絡先(e-mailと電話番号)
⑤ 参加の目的・目標
⑥ その他の希望等